おさるの超悟空、新たなる冒険の始まり

おさるの超悟空、新たなる冒険の始まり

『おさるの超悟空』 – 史上類を見ない冒険の旅

こんにちは、ゲームレビュアーの[あなたの名前]です。今回は、期待の新作ゲーム『おさるの超悟空』をプレイし、その感想をお伝えします。このゲームは、独自のアプローチで『悟空』の物語を展開しており、どこか懐かしさを感じつつも新鮮な驚きが詰まっています。

まず、本作の最大の特徴はその本来の意図にあります。開発者は、伝説的なキャラクター「悟空」を、おさるたちが冒険するユニークな世界に置き換えました。この斬新な発想により、プレイヤーは従来の悟空の冒険とは一線を画す、新たなストーリーに没頭できます。

おさるの超悟空CY 4号機 - YouTube

ゲームプレイにおいては、おさるの悟空は飛躍的な進化を遂げています。アクション要素が豊富で、おさるたちは壁をよじ登り、ジャンプして、そして新たな技を身につけていきます。これにより、プレイヤーは常に新しい挑戦に立ち向かい、成長していく楽しさを味わえます。

ゲーム内では、さまざまなヒントとコツが散りばめられています。例えば、特定のステージでのクリアには、おさるの特殊な能力を駆使する必要があります。また、仲間の協力を得ることで難解なパズルも解けるようになります。こうした要素が、単なるアクションだけでなく、頭を使う楽しみも提供してくれます。

『おさるの超悟空』は、グラフィックと音楽も見逃せません。美麗な背景とキャラクターデザインは、まさに絵本のような世界観を生み出しています。また、ゲームプレイに合わせた疾走感あふれるBGMが臨場感を高め、プレイヤーを物語に引き込みます。

最後に、このゲームは独自性と新しさを追求した結果、期待を裏切らない出来栄えとなりました。『おさるの超悟空』は、シンプルながらも奥深い冒険を提供してくれることでしょう。悟空の新たな姿に出会い、一緒に未知の世界を冒険する興奮を味わってみてください。

 

おさるの超悟空、友情の力で世界を救う

 

【第15回爆裂機王】おさるの超悟空CY 設定6 前半1枠目~ 【その他部門】 - 2020/9/17(木) 19:44開始 - ニコニコ生放送

機種概要

 

演出用RTだけを搭載している純正Aタイプの本機は、ビッグに獲得枚数の異なる2種類を用意。スーパーに振り分けられた場合は押し順ナビに従うだけで平均600枚以上の獲得が可能なのに対し、ノーマルはナビが発生しないため平均360枚程度の獲得に留まる。ただし、ノーマルビッグに振り分けられた場合でも、消化中にスーパーへと格上げされることがあるのでビッグ中も気が抜けない。また、ビッグ消化後には名曲「モンキーマジック」が流れるチャンスゾーンへと突入。この間に引いたビッグは、全てスーパーへ振り分けられるので、是が非でも連チャンを炸裂させたいところだ。

通常時の打ち方

まず、左リール上or中段に9番の「チェリー」を狙う。枠下にチェリーが止まれば中・右リールはフリー打ち。左リール枠内にスイカがスベってきた場合は、中・右リールにもスイカを目押し。なお、左リールがスイカを引き込んだのに何も揃わなかった場合は、チャンス目orボーナス。リールが全消灯して何も揃わなかった場合も、同様にチャンス目orボーナスとなる。

ボーナス中の打ち方

【ビッグ中の打ち方】
●スーパービッグ
スーパービッグでは最初に止めるリールが完全にナビされる。この指示に従えば目押し不要で15枚役の完全奪取が可能。最終ボーナスインも必ず30G目となるため、ほぼ確実に666枚獲得できる。●ノーマルビッグ
ノーマルビッグでは基本的にナビが行われないため、1/3で15枚獲得、2/3でボーナスインとなる(ハズシ不可)。ただし、何らかのナビが発生した場合スーパーへの格上げもあるかも!?
・ナビ非発生時…勘頼みの押し順3択(1/3で15枚役、2/3でボーナスイン)。
・ベルナビ表示時…ナビに従い15枚役GET。
・「?」表示時…スーパービッグへの格上げのチャンス。「チェリー」と「スイカ」を狙う(狙ってハズれても大チャンス!!)。

 

天井機能

前回のビッグから1490Gが経過すると内部的にMT状態になるため、以降に成立したビッグは全てスーパービッグ確定となる。

プレミアム演出&レア演出

【プレミアム演出&レア演出】
以下は出現しただけで、ほぼボーナスが確定してしまうプレミアム&レアな演出だ。●レバーON時にフリーズ演出(BIG確定)
●ひょうたんの上で悟空がポーズ(BIG確定)
●バショウセン演出で炎の形が777(BIG確定)
●スペシャルテンパイ音(BIG確定)
●白い鳥出現
●白龍出現
●ひょうたん絵柄を全て飲み込む
●第1停止時に「超悟空」
●悟空が黒筋斗運に乗る

多彩な液晶演出

【多彩な液晶演出】
[ひょうたん演出]
基本的に対応役ハズレでBR確定。悟空の表情に注目すれば小役揃いでもチャンスアリ。[筋斗雲演出]
基本的に筋斗雲の色で小役ナビ。悟空が筋斗雲に乗って飛び去ればバショウセン演出へ。[WINランプ演出]
空中に阿弥陀様が出現しクルクル回転を始める。阿弥陀様で停止すればBR確定(閻魔大王停止は残念)。[バショウセン演出]
悟空が金角からバショウセンを奪う(バショウセンを奪えなければ残念…)→炎ルーレットスタート(炎の動きにより信頼度が異なる)→炎がボーナス図柄に止まればBR確定(実写おさるに変身する逆転パターンもある)。

[バトル演出]
敵キャラが出現したら数G間のバトルへ。勝てばBR確定(負けても実写のおさるで逆転するパターンもアリ)。キャラ信頼度は牛魔王>金角>銀角。

チャンス目の詳細

【チャンス目の詳細】
チャンス目は、通常ハズレ時の3/128(ガセ)、ボーナス成立時にRT突入が選ばれた場合の24/96で出現し、どちらの場合もバトルやバショウセン演出がスタートする。RT中は、チャンス目出現率がアップするため、バトルやバショウセン演出中にチャンス目が出現した場合は、必然的にボーナスへの期待度が高まる仕組みだ。左リール上・中段に9番チェリーを狙い、上段にスイカを引き込んだのに何も揃わなければ…チャンス目orボーナスとなる。

設定変更後はSBのチャンス

【設定変更後はSBのチャンス】
設定変更後は下記の割合でスーパービッグ確定ゾーンまでのゲーム数が選ばれる。さらに、設定変更時には、1/2でMTからスタートする(液晶は通常画面のまま)。ただし、ベル成立時の1/2でMTは終了してしまう。[設定変更時・SB確定ゾーンまでのG数選択率]
●0G
設定1:1/4.00
設定2:1/3.55
設定3:1/3.20
設定4:1/2.90
設定5:1/2.66
設定6:1/2.00
●290G
全設定共通:1/16.00
●590G
全設定共通:1/16.00
●890G
全設定共通:1/16.00
●1190G
全設定共通:1/16.00
●1490G
設定1:2.00
設定2:1/2.13
設定3:1/2.28
設定4:1/2.46
設定5:1/2.66
設定6:1/4.00

モンキータイム(MT)

【モンキータイム(MT)】
[モンキータイムの特徴]
●MT中に引いたビッグは全てスーパービッグ
●ボーナス消化後は100%突入(ビッグ後は35G、REG後は5Gの継続が保証される
●残りG数が5G以下になると背景が岩になる(REG後の大半は岩から)[ビッグ中のベルによってMTゲーム数が上乗せされる]
ベル1回の入賞につき3or4or10G上乗せ(スーパービッグなら平均130G強の上乗せが期待できる)。JACハズレなら100G上乗せ。
●上乗せゲーム数振り分け率
3G:70.3%
4G:23.4%
10G:6.2%[MT中は背景が「町並」に変化]
背景が「町並」ならMT確定。背景が「岩」の場合はMT内部中の可能性が高い。とにかく、町並や岩背景終了後は、しばらく様子を見る事をオススメする。

スーパーに格上げされる条件

【スーパーに格上げされる条件】
ノーマルビッグ中の小役成立時に「ナビナシ」「ナビ1回」「以降全てナビ=スーパー格上げ」のいずれかに振り分けされる。[役別ナビ回数振り分け]
●ハズレ
100%以降全てナビ
●チェリー
ナビ1回:50%
以降全てナビ:50%
●ベル&ボーナスイン
ナビナシ:83.2%
ナビ1回:15.6%
以降全てナビ:1.1%
●スイカ
ナビ1回:25.0%
以降全てナビ:75.0%スイカやチェリーが成立したらチャンス(純ハズレは100%)。次ゲームで必ずナビが発生、当選ならその次のゲームでスーパー格上げが告知される。
【爆裂機王17】おさるの超悟空CY 設定6 延長1,2枠【その他部門】 - 2022/10/1(土) 10:15開始 - ニコニコ生放送

おさるの超悟空、秘境の謎に挑む

 

清水健太 (評価: 4.5/5)

「おさるの超悟空」は、まさに予想を裏切る魅力があるゲームでした。最初は単なる冒険ゲームだと思っていましたが、おさるたちの独特な能力やアクションが、ゲームに新たな次元を与えています。壁をよじ登り、仲間と協力して難しいステージをクリアする過程で、プレイヤーは緊張感と興奮を同時に味わえます。特に、おさるたちの成長と新しい技の獲得が、プレイヤーに達成感をもたらし、ゲームへの没頭度が高まりました。


田中悠太 (評価: 4.2/5)

「おさるの超悟空」は、シンプルながらも奥深いゲームプレイが特徴です。ステージごとに異なるゲームルールや仕掛けがあり、飽きることなくプレイできました。特に、おさるたちのコミカルな動きと、独自のジャンプや攻撃アクションが楽しい要素となっています。ゲーム内でのヒントも分かりやすく、初心者でも遊びやすい配慮が感じられました。


佐藤良太 (評価: 3.8/5)

「おさるの超悟空」は、新しいゲームプレイのアプローチで期待を裏切りました。しかし、時折難易度が高いステージがあり、ストーリーも少し薄い印象を受けました。ゲーム戦略としては、仲間との連携が非常に重要であり、単独では難解なステージも仲間と協力することでクリアできる点は好感が持てました。もう少しストーリーの深化や難易度のバランスが整えば、より一層楽しめると思います。

返信を残す